油山寺秋のライトアップ
ライトアップ

油山寺秋のライトアップのおしらせ

ふくろい夜宵プロジェクトの一環として2年間にわたり開催されてきました遠州三山ライトアップ、本年が3年目となり最後のライトアップとなります。
本年の油山寺はコロナ禍で不安に苛まれている方々への「一筋の光明」を加え、最終回にふさわしい規模で開催いたします。

油山寺秋のライトアップ
期間 11月15日(日)〜12月15日(火)
時間 日没〜
照明設置場所 全山

おしらせ

10月17日(土)は『献眼慰霊祭』のため、10時のご祈祷が郵送のみとなります。
他の時間は通常通りご祈祷申し上げます。

風鈴まつりについて

本年の遠州三山風鈴まつりは中止となっておりますが、法多山尊永寺様、可睡斎様、油山寺と三山それぞれのお寺で規模を縮小して風鈴のお飾りをしております。
当油山寺では宝生殿軒下へ50ケの南部風鈴を下げてあります。
コロナ終息を願い、来年の風鈴まつりに想いを馳せながらご参拝くださいませ。
尚、油山寺では風鈴の販売は一切致しておりません。

2019風鈴まつり_goroneko_bunyao様撮影_02
2019風鈴まつり_goroneko_bunyao様撮影_02
新型コロナウイルスへの対応について

当山では新型コロナウイルスに罹患なされた方々のご快復と一刻も早い流行の終息を晨朝祈祷に於いて山主自ら熱祷しております。
諸堂及び寺務所は常の如く開いておりますが、職員僧侶は感染防止のためマスク着用にて対応させていただいております。
休校措置、三密を避ける行動の推進等により土日等は例年にましてお子様連れの方々のご参拝をいただいておりますが、マスク着用、咳エチケット、手洗い・うがいの励行などご信者様各自が十分な感染予防対策をなされた上でご参拝くださいますようお願い申し上げます。

「私は大丈夫」ではなく「私は絶対うつさない」という他人様への愛情を示す時です。
止まない雨はありません。
どんな夜も必ず日が昇ります。
経済活動でご苦労なされている方、心よりお見舞い申し上げます。
でも悲観される必要はございません。
私たち日本人は、支那事変以降第二次世界大戦で310万もの死没者を出しました。
戦争は国土は蹂躙され、首都は壊滅、民は飢饉にあえぐ結果を生みました。
あの惨状から奇跡と呼ばれた復活を遂げたのは「経済」の力ではございません。「人」の力でございます。
日本人が持つ修身、道徳観です。
「人」さえ生きておれば何とでもなるのです。
残念ながら昨今では学力、経済力に偏倒し、修身道徳の教えは片隅に追いやられておりますが、我々の中には先祖代々が蓄えてきた修身、道徳が老若男女問わず眠っております。
今こそ再び、身を慎み、他人様への深い愛情を示す時です。
政治がコロナ対策をするのではありません。
「人」がコロナ対策をするのです。

皆様には、多大なご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご理解の程、お願い申し上げます。
合掌

油山寺山主快法謹言

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
令和二年庚子元旦にあたり、油山寺ご信徒皆様のご健康とご多幸をご祈念申し上げます。
合掌
油山寺山主快法拝